大阪の厄除け祈願

厄除けは大阪【東光寺】でご祈願しましょう

 

厄除け祈願を大阪でお考えの方はこちらをご覧ください

 

 

 

大阪天満宮は、菅原道真公をお祀りした神社であり、市民の皆さまからは「天満の天神さん」と呼ばれ親しまれています。神職を通じて皆さまの思いを神さまに捧げる儀式です。平凡な日常にこそ感謝の念を持つとともに、成就させたい皆さま各々の思いを浮かべながらご祈祷をお受け下さい。
出典:https://osakatemmangu.or.jp/gokito/

 

厄年の方はどうぞ日本唯一の現存する厄神明王様の御宝前で厄年の無事、安泰を祈り、諸事万端において気をつけていただきたいと思います。大厄、小厄にあたる方々に当寺では二種の祈祷をご用意しています。毎日を無事に過ごし、こころの安心を得るため、祈祷による厄払いをされてはいかがでしょうか。
出典:https://mondoyakujin.or.jp/

 

大阪の厄除け・厄払いの祈願は常光円満寺へ。大阪府吹田市にある厄除けのお寺で、ご祈祷は完全個別祈願で毎日厳修。吹田駅より徒歩5分の場所にありますので、厄除け祈願の際はぜひお参りください。厄除祈祷札・厄除御守をおあげいたしまして、個別にてご本人さまの厄を払い、「災い転じて福と成る」ように丁重に厄除け祈願させていただきます。
出典:https://www.enmanji.com/yakuyokekigan.html

 

 

 

 

人にはそれぞれ人生の節目があり、その中で最もよく知られているのは厄年です。男性本厄42才、女性33才といわれています。心身共の変調を来たす年頃といわれ、その為に心身を祓い清め無病息災をお祈りします。
出典:http://www.onji.or.jp/04.html

 

厄年とは古来より、人生で最も大きい節目とされています。そして災難が身に降りかかりやすく、体調面に変調がよくでる年齢をいい、行いを慎むべき年とも言われています。その年に、神様のご加護により災厄から身を護るため、神社に参詣して厄祓祈祷が行われます。
出典:https://ibarakijinja.or.jp/prayer/#cont05

 

厄年をお迎えになられますと、その一年を、{一切の災難から逃れ、無事に過ごせますようお守り下さい。}とご霊験あらたかな、あびこの聖観世音菩薩に祈願され、ご祈祷を申し込まれるご参詣の方々が後を絶ちません。
出典:http://abikokannonji.com/pray.html

 

 

 

 

厄年とされるこの頃には、社会環境の変化に遭遇したり、それまでよりも体力が低下するなど、医学的にもちょうど心身の変化の時期と符合しています。こうしたことから、日常において不慮の凶事に出くわさぬように、神様に対し祈りを捧げる風習がありました。日常に積もってきた厄を祓い清め、厄年にあたる一年を平穏無事に過ごすことを祈念し、神様に参拝する習わしが厄除祈願です。
出典:https://www.wakamiyasumiyosi.com/kitou/kitou_syaden/prayer/

 

成田山不動尊(以下:当山)の厄除け祈願大祭は、お不動様のもとで人生の厄を落とし、新たなる心・新たなる身体で幸福な人生を過ごしていただくためのご祈祷です。数え年で、男性は25歳・42歳・61歳、女性は19歳・33歳・61歳が厄年にあたります。
出典:https://osaka-naritasan.or.jp/event/ 

 

厄年の起こりには諸説あり、一説には神祭りの「役」を勤めるために身を清めるべき年齢であったとも言われています。一方で現代では、社会的な地位を持ち始める年齢に当たり、仕事で責任が重くなるなど、無理や負担がかかって病気になりやすい年齢、また結婚・出産・育児など生活の環境が大きく変化する年齢とも言われています。
出典:https://takidanifudouson.or.jp/prayer/charm/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です