成長ホルモン

アンチエイジングには成長ホルモンが欠かせない?

大人になるために体を成長させるための成分が、「成長ホルモン」と呼ばれるものです。
成長のために身長を伸ばしたり、骨格や筋肉を作り上げていく重要な役割を担っています。
ところが、この成長ホルモンは大人になったら必要なくなるわけではありません。
なぜなら子供から大人へと成長した後も、代謝調整の上で大きな働きをするからです。
代謝作用といえば、基礎代謝や脂肪分解など体を健康な状態に維持する上で不可欠なものです。
代謝が良ければそれだけ脂肪分解作用もあるということですので、太りにくい体を作れる事になります。
また、免疫力や回復力、骨量を増やすことなど、健康な体を維持する上で大人になっても不可欠なものなのです
そのようなわけで、いつまでも若さを保つためのアンチエイジングにおいても、この成長ホルモンの働きが注目されています。

アンチエイジングに効果がある理由はたくさんありますが、例えば美肌です。
なぜかというと、成長ホルモンの持つ修復機能が紫外線などでダメージを受けた肌を回復させ、きれいな状態にしてくれるからです。
極論、成長ホルモンの分泌がよければ、そのほかの保湿クリームなどのケアがそこまで徹底しなかったとしても美肌が保たれるということです。
外を歩けばだれでも等しく紫外線などでダメージを受けます。
そのような中で、若い人たちが特にケアをしなくてもきれいな肌である理由は、成長ホルモンの働きが活発なためにその都度肌を修復しているからなのです。

ですから、若返りたいと願うなら高価な化粧品もいいですが、成長ホルモンが促進される生活習慣を身につけることも近道かもしれません。
例えば、良く耳にすることかもしれませんが、しっかりと睡眠をとることや、適度な運動をすることです。
これらが若さを保つ秘訣として頻繁に取り上げられる理由は、成長ホルモンを促進させる効果があるからなのですね。
もちろん積み重ねが大事ですので、1日頑張ったからと言ってすぐに効果が表れるものではありませんが、こうした生活サイクルで健康的にアンチエイジングを初めて見ることは、確実な成果へとつながるでしょう。