成長ホルモン

チロシンを摂取しよう

年齢よりもいっそう老けて見えてしまう要因の一つが白髪です。
白髪は人によっては若くから多くなることもあります。
白髪染めなどで対処する方法もありますが、定期的に染めなければいけないのはやはり手間がかかりますし、ムラができてしまうなど、思ったようにカラーリングできないこともあるでしょう。
そこで、根本的に白髪を減らすことを目的としてアンチエイジングを実践してみるのはいかがでしょうか。

白髪をなくすにはまず、なぜ白髪ができるのかという点を理解しておきましょう。
髪の毛の色は実は生成されたばかりの状態ではだれでも白いのです。
それが髪の毛となって頭皮から出てくるまでの間にある物質によって黒くされます。
その物質とは「チロシン」というものです。
チロシンとは色素細胞(メラノサイト)と呼ばれるもので、新しく生成された髪に色をつけていきます。
つまり白髪が多くなるということは、このチロシンが不足しているという事なのです。
そうとわかれば、あとはチロシンを補うだけでアンチエイジングができます。
チロシンの多い食品としては、きなこ、ごま、みそ、チーズなどが挙げられます。
さらにチロシンの働きに欠かせない銅を含む食品には、海苔やニンニク、大豆などですので、こうした食材で作れるメニューを意識しておくと良いでしょう。
具体的には豆腐200グラムほどで十分な量を補えます。
さらに吸収を高める作用のあるビタミンB6などを取り入れるのもより効果的にチロシンを摂取する方法となります。
また、それらをできるだけ夜に摂取するのがよいと思われます。
なぜなら、昼間にチロシンを摂取すると紫外線の影響で肌まで黒くなってしまう可能性があるからです。
その上、夜は成長ホルモンの分泌によって髪の毛が生成されやすい時間帯となりますので、髪を黒くするために十分働いてもらうのに最適と言えます。

こうした食生活に加えて、睡眠を十分に摂り、適度に運動すること、また毛細血管の縮小の原因となるストレスをためない事で体の血行を良い状態に保ち、効果的なアンチエイジングをしていきましょう。