成長ホルモン

体に優しいアンチエイジング

老化をできる限り防止し、若々しい体を保っていくためにアンチエイジングに注目が集まっています。
しかし、過度な運動や間違った食事療法など、方法を間違えてしまうとかえって体を痛めてしまう結果にもなりかねません。
そこで、体に優しいアンチエイジングの方法をご紹介します。

まず基本的なこととして、まずは睡眠の仕方です。
何時間も寝ることも、数時間しかねないことも実はどちらも良くありません。
7時間ほどの睡眠を意識し就寝時間を計算しましょう。
場合によってはなかなか寝付けず、寝酒をされる方もおられますが、実は寝酒は体に優しいアンチエイジングとはいえません。
眠りにはつけるかもしれませんが眠りが浅く、疲れが十分にとれません。
また、毎日お酒を飲むことによって動脈硬化などの悪影響も出てしまいます。
ですから、より安全に快適な睡眠をとるために導眠作用のあるお茶を飲んだり、場合によっては睡眠薬を服用するほうが~でぇの負担は少ないと言えるでしょう。

また、運動の仕方にも注意しましょう。
筋トレ重視の無酸素運動にしてしまうと、活性酸素が作られます。
体はそれに反応して抗酸化酵素を作るのですが、加齢とともにその生産量が遅くなり、老化の原因となる酸化を速めてしまうのです。
ですから、アンチエイジングのためには有酸素運動が効果的です。
軽いジョギングや水泳、ストレッチなどそれほど自分を追い込まずにできる範囲の運動が、アンチエイジングには適しているのです。

最後に食事ですが、美肌効果のあるコラーゲンの摂取を意識して、コラーゲン配合の食べ物を多く取り入れている方も多いと思いますが、実はほとんど効果がありません。
体内に取り入れたコラーゲンは肌に効果を及ぼす前に体内の他の用途に使われてしまうからです。
それで、コラーゲン入りの食べ物を摂り入れるのではなく、コラーゲンを体内で作るためのタンパク質やビタミンCを多く取り入れることを意識しましょう。