成長ホルモン

アンチエイジングに効果的な成分

若々しく自分を保つ、アンチエイジングに効果的な成分は多数存在します。
例えばコラーゲンです。
コラーゲンはお肌をきれいに保つ上で欠かせません。
お肌には保湿が大事とはいえ、保湿クリームなどを塗るだけでは表面上の細かいシワにしか効果が期待できないからです。
コラーゲンが肌の奥まで浸透していると、艶やハリのある肌になり、結果的にシワやたるみを防止できます。
とはいえ、コラーゲンを取り入れるは実はとても大変です。
よくコラーゲン入りのスープなど美容効果がある食べ物が紹介されることがありますが、そのようにしてコラーゲンを取り入れても肝心の顔の美肌に効果を及ぼす前に、身体の中で吸収されて他の用途に使われてしまうからです。
これではいくら食べても効率が悪く、効果が全く出ないこともあるでしょう。

そこでコラーゲンを外部から取り入れることはすっぱりあきらめ、体内でコラーゲンを作る事でアンチエイジングを実践するという考え方に変化させましょう。
つまりコラーゲンではなく、コラーゲンを作りだす成分こそ、アンチエイジングに効果的な成分といえます。
コラーゲンを体内で作るのに欠かせないのはビタミンCとタンパク質です。
ですから、これらの有効成分を体内に取り入れることにより、コラーゲンを作りだしてしまえばいいのです。
具体的には、肉、野菜、卵、牛乳などでタンパク質を取り入れます。
タンパク質が足りなくなってしまうと、新しいコラーゲンも作れず、古いコラーゲンも分解していけないため、コラーゲンの世代交代に大きな障害となってしまいます。
加えてホウレンソウやジャガイモ、レモンなどの野菜や果物を摂取してビタミンCを取り入れ、水を飲むのがよいでしょう。
そんなにたくさん食べられないという方はビタミンCのサプリなどで代用できます。

こうして考えてみると、毎日のバランスのとれた食事こそアンチエイジングの基本中の基本ということが分かります。
いろいろな化粧品やエステに手を出す前に、まずは食生活から見直してみるのも良いかもしれません。